スタッフ日記

2018.01.26

さらば、新参者

こんにちは、尾口です。

いよいよ明日、阿部寛主演の新参者シリーズ最終章「祈りの幕が下りるとき」が封切られます。

東野圭吾の小説の中でも新参者・加賀恭一郎シリーズは好きな作品で小説も全部持っているのですが、
昨年、文庫化された時から映画化を期待していたのでとても楽しみです。

でも、新参者もこれで最後ということなのですし、寂しい感じもしますね。
公開前に原作を読み前そうかと思ったのですが、ほかの本を2冊同時進行で読んでいて読み返せてないので
映画を観てから読み返そうかと思っています。

明日から公開ですが、さっそく観に行ってしまうかもしれません。
観に行ったら感想を書こうと思います!!


尾口

銀座 スマートカイロプラクティック

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。

Page Top