5日前から出てきた腰痛(10年前にヘルニアの既往あり)

川崎市に住む男性が5日前から出てきた腰痛を訴えて、スマートカイロプラクティック銀座店に来院しました。
5日前まで風邪で寝込んでいましたが、回復して仕事に復帰してから腰痛がひどくなりました。座ったり横になっていたりすると痛みはないのですが、立ったり歩いたりすると酷く痛みます。左側の腰からお尻にかけて痛みますが、歩いたりすると段々と脚の方までしびれが広がり立ち止まりたくなり、少し休憩すると歩けます。
10年以上前にヘルニアになって入院しましたが、その時の痛みとは少し違います。

来院時の症状

・左腰からお尻にかけて痛みがある
・立っていたり歩いたりすると痛み、段々と脚の方にしびれが出る
・ヘルニアと診断された時の痛みとは違う

施術後の経過

2回目の施術まではあまり症状の変化がありませんでしたが、3回目ぐらいから少しずつ痛みが和らぎ、痛みの出る頻度も朝起きてからのみになってきました。5回目の施術が終了した段階で痛みなし、脚のしびれも出なくなりました。現在は月1回のメンテナンスにお見えになっています。

担当 伊藤のコメント

腰部のヘルニアの既往があるとのことでしたが、今回の腰痛はヘルニアによるものではなく腰部脊柱管狭窄症によるものと考えました。施術前の検査では腰を曲げるのは平気ですが反らせると痛みと痺れが強くなり、歩いていると段々症状が辛くなってくるが一旦立ち止まるとまた歩けるようになるということなどは狭窄症の症状でも知られています。今回の施術では腰の負担をとるための下肢も含めた緩和操作、関節のアジャストメント(調整)、腰椎関節の局限化した牽引などを行い、日常生活での姿勢などのアドバイスを行いました。

今回は寝たきりが続いた後に症状が出てきていますが、普段から腰に負担がかかる動作が多かったようです。些細なことがきっかけでそれまでの身体への負担が一気に出てくると、ひどい痛みや痺れに繋がることが多々あります。ご自身の生活習慣を見直すために、一度ご相談して頂けると良いのではないかと思います。

銀座  整体    腰痛 症例報告 TOP

Page Top