40代 女性 腰をまわした時に発症した腰痛

横浜市の在住の40代女性が腰痛を訴えてスマートカイロプラクティック銀座店に来院しました。2週間ほど前ですが、合唱の練習前にアップをしていました。伸びをしたり腰を回したりしていたのですが、腰を回したときにグキッと音がした感じがして腰に痛みが走りました。一番痛い時は動くたびに痛かったのですが、今は少し落ち着いてきて前屈をしたときにお尻から太ももの裏にかけて痛みを感じます。特に何もしていないのですが、なかなか治らないので友人の紹介でカイロを受けてみることにしました。

来院時の症状

・右腰の痛み
・右お尻から太もも裏の痛み

施術後の経過

初回のカイロプラクティック施術後、前屈時のお尻からもも裏にかけての痛みはかなり改善しました。約2週間後、2回目の来院までの間に山に登るなど負担はかかりましたが悪化することはありませんでした。その後、順調に改善していったので、現在は月に1回のメンテナンスを行っています。

担当カイロプラクターのコメント

今回のケースでは、腰を回したときに偶然、右の仙腸関節がロックしてしまったことが原因だと考えられます。仙腸関節がきれいに動かないことで殿筋やハムストリングスに負担がかかり痛みを誘発したものと考えられます。今回は初回の施術で仙腸関節をアジャストメントした時点で症状はかなり改善しました。足を組んだり、カバンを片方の肩にかけたりと日常的に左右対称に過ごすことは難しいことです。ご自身で注意できれば問題ありませんが、定期的にカイロプラクティックの施術を受け、バランスを整えることも効果的な方法の一つだと思います。

銀座  整体    腰痛 症例報告 TOP

Page Top