30代 女性 妊娠中の股関節外側の痛み

目黒区に在住の30代女性が左の股関節の痛みを訴えて来院しました。現在妊娠9か月なのですが、10日くらい前から急に左の股関節の外側が痛くなりました。立ったり歩いたりすると痛くて手を当てていると歩きやすくなります。日に日に悪くなっている感じがして、かばうせいか姿勢も悪くなってきています。出産まで2か月を切っているので、このまま治らなかったらと考えると不安でなりません。家族がこちらでお世話になっていることもあり、カイロプラクティックを受けてみることにしました。

来院時の症状

・左股関節の痛み
・腰の痛み

施術後の経過

初回のカイロプラクティック施術後、症状は3割ほど改善しだいぶ歩きやすくなりました。今回は痛みが強かった事や出産予定日のこともあり、短い間隔で施術を行いました。1週間のうちに3回の施術を行い、3回目の施術後には症状はかなり改善しました。その後、臨月まで継続して施術を行い、出産後も産後の骨盤ケアを中心に全身のメンテナンスを行っています。

担当カイロプラクターのコメント

今回のケースで痛みの原因となっていたのは中殿筋と小殿筋でした。初回の施術では骨盤のゆがみと股関節、特に腸腰筋にアプローチしましたが、歩きやすくはなったものの根本的な改善とは言えませんでした。2回目の施術の最後、中小殿筋にアプローチしてから一気に変化が見られ始め、3回目の施術で一気に症状が改善していきました。妊娠中も自分で車を運転してかなり動き回って様なので、運転中の姿勢が左の骨盤に負担を掛けていたのかもしれません。日頃から車移動が多い方は妊娠中は特に運動量が上がらないので体重増加に注意が必要です。体重の増加は適正範囲内なら良いですが、増えすぎると今回のように突然の痛みを発症するかもしれません。


銀座  整体     産前産後の諸症状 症例報告 TOP

Page Top