10代 男性 ラグビーによる右肩の痛み

10代男性が右肩の違和感と動きづらさを感じスマートカイロプラクティック銀座店に来院。2か月前にラグビーの練習中にタックルをした後から右肩の症状が出現。整形外科でレントゲンを撮ったが骨折などは見られず捻挫と診断された。強い痛みはないが以前よりも腕を回しにくくなったと訴える。

来院時の症状

・右肩周囲に張り感

・右腕の可動制限

施術後の経過

初回の施術では肩周囲の張り感は軽減したものの、腕を回す動作では動きの制限が感じられる。5回目の施術以降から比較的腕の動きもスムーズになり可動域の改善がみられた。

担当 上園のコメント

骨折などは見られなかったためレントゲンで異常はなしと診断されていました。この患者さんの症状は肩にある肩甲骨と鎖骨の関節に歪みが生じていました。
歪みと同時に肩関節に筋膜の癒着があり、可動域の制限がかけられていました。それらを緩和することによって症状に変化がみられたケースです。


銀座  整体    肩の痛み 症例報告 TOP

Page Top