変形性頸椎症

関節が加齢や持続的な負荷によって変形すると骨棘が形成されます。変形性頸椎症はこの骨棘による刺激で、痛みや痺れを発症します。症状としては首の痛みや手の痺れが多くみられます。

変形性頸椎症の特徴

首や肩こりに始まり、痛みや手の痺れと症状が悪化していきます。骨棘の大きさにより症状の程度が決まるわけではなく、関節圧迫の状態により痛みの程度は変わります。50~60代に発症することが多いです。

変形性頸椎症の原因

加齢や持続的な負荷の長期化により、発症するケースが多いです。不良姿勢など、バランスの崩れによって変性の起こっている部分に負担がかかると症状が起こりやすくなります。また交通事故やスポーツ外傷など、受傷歴のある方は40~50代で発症しやすくなります。

変形性頸椎症に対するカイロプラクティックケア

関節の変形部分にかかる負担を軽減させる施術を行います。全身の歪みを整え筋肉の緊張を緩和することで、頸部にかかる負担が少ない正しい姿勢を作ります。施術により骨棘が無くなることはありませんが、症状の緩解は十分に望めます。