肘部管症候群

肘の内側には肘部管と呼ばれる、尺骨神経の通り道があります。何らかの原因でこの肘部管が狭くなり、尺骨神経が圧迫されて痛みやしびれを引き起こす症状を肘部管症候群と言います。症状は尺骨神経の支配領域である小指や薬指側に現れます。

肘部管症候群の特徴

・薬指や小指が痺れる
・症状が進行すると手の筋肉が痩せ衰える
・症状が進行すると指の開閉が困難になる
・握力が低下する

肘部管症候群の原因

肘周りの筋肉の緊張や外傷により、肘部管内の尺骨神経が絞扼を受けることにより発症します。その他にも肘関節の歪み、加齢や運動による変形、ガングリオンなどによっても神経症状は誘発されます。
 

肘部管症候群に対するカイロプラクティックケア

肘関節が正常に機能していない場合は関節の調整を行い、周囲の筋肉への緩和操作も加えます。関節や筋肉の緊張が周囲へ波及していることが多くみられるため、肩関節や手関節などのケアも加えます。身体のバランスの崩れが原因で肘に負担をかけているケースもあり、必要に応じ首や肩甲帯の調整を行ないます。