お尻・股関節の痛み

股関節は体の中で最も過重に強い関節で、体重を支えたり、立ったり、座ったり、歩いたりと様々な動きで重要な役割を担っています。股関節は主に骨盤の仙腸関節や腰椎、膝関節など複数の関節と共同して働きます。股関節をまたがっている筋肉も多く、様々な動きを可能にしています。その為、他の関節や筋肉などに問題が発生するとその影響で二次的に障害を起こすことがあります。股関節を使わずに色々な動きをすることは難しく、痛みが生じると慢性化する傾向にあります。早めの対応、生活習慣の改善が大切になってきます。

種類と原因

腰椎・仙腸関節機能障害
骨盤や腰椎が歪み関節の働きが悪くなると、動作時や姿勢を保持する時に股関節やお尻の筋肉に負担がかかり臀部や鼡径部に痛みを発症させます。痛みの出る部位が股関節の障害時と重なるため、原因の特定が重要になります。

変形性股関節症
先天的な股関節の異常やスポーツなどでのオーバーユース、加齢によって股関節の関節臼が変形すると動作時に股関節に負担がかかり、痛みを引き起こします。主に鼡径部に痛みを感じることが多いですが、股関節には様々な筋肉が作用しているので足の付け根や臀部に痛みが出ることもあります。

殿部痛
腰椎や骨盤に歪みがあり、股関節周囲の筋肉が緊張し伸張性が低下してくるとストレスを分散できなくなり、痛みを引き起こすことがあります。殿部痛には筋繊維を損傷して痛む場合や過緊張によって血行不良が生じ痛む場合、坐骨神経にストレスがかかって痛む場合などいくつかのパターンがあります。

恥骨結合炎(グロインペイン症候群)
恥骨結合炎とは恥骨結合への力学的ストレスによって起こる炎症であり、それにより生じる様々な症状をグロインペイン症候群(鼡径周辺部痛症候群)と言います。恥骨結合は骨盤の前面に位置し左右の恥骨と軟骨円板によって構成されており、恥骨には多くの筋肉や腱が付着しているため、症状の出方は多種多様です。スポーツ外傷によるケースでは、負担が繰り返されるため慢性化しやすい傾向にあります。

他にもこんな症状の方が来院されます。