頸椎原性頭痛

首の関節の歪みや機能障害がきっかけで起こる頭痛です。頸椎に過度のストレスがかかると頸部の神経支配領域である前頭部や側頭部、目の奥などに痛みを感じるようになります。関節の問題から起こる症状なのでカイロプラクティックでの症状改善が大きく期待できるケースです。緊張型頭痛と似ていますが、筋肉の緊張からくるのもではありません。むち打ちに頸部の関節に問題が残っていると頭痛が出やすくなります。

頸椎原性頭痛の特徴

・側頭部や後頭部に痛みを感じる
・長時間同じ姿勢で首に負担をかけると発症
・事故や頸部の外傷をきっかけに発症
・首を動かすと悪化する事がある

頸椎原性頭痛の原因

関節の歪みや機能異常は神経の働きに影響を及ぼします。特に上部頸椎に歪みや機能異常があると三叉神経に作用し関連領域である顔や頭に痛みを起こす場合があります。また、頸椎の関節の機能異常によって頸部や肩の筋肉が緊張し頭痛を引き起こす場合もあります。

頸椎原性頭痛に対するカイロプラクティックケア

頸椎椎間関節の機能異常を整えていくことを中心に、首から肩にかけての筋緊張の緩和も行っていきます。頸部の椎間関節に負担がかかってしまう原因をしっかりと確認し、再発防止の為のストレッチやエクササイズの指導も行っていきます。猫背など、姿勢の悪さが増悪要因になっていることも多く、全身のバランスを整えることが効果的なアプローチ方法になります。