棘上筋腱炎

肩関節は、深層のインナーマッスルと浅層のアウターマッスルで構成されています。4つある肩のインナーマッスルの一つが棘上筋です。棘上筋は腕を上げる時に作用する筋肉ですが、何らかのきっかけでこの筋肉に炎症が起こった状態を棘上筋腱炎といいます。初期のうちに処置すれば大事には至りませんが放置すると悪化し、炎症部位にカルシウムが沈着して石灰沈着性腱炎を引き起こしたり、インピンジメント症候群や四十肩の原因となる場合もあります。

棘上筋腱炎の特徴

初期段階では、肩を挙げる時に痛みや引っ掛かりを感じます。この状態を放置し繰り返し動かしていると、症状が悪化し腕を挙げることが出来なくなったり、安静時にも痛むようになります。石灰沈着が起こり症状が進行すると、夜も眠れないほどの痛みを引き起こします。石灰沈着性腱炎は40~50代の女性に多くみられます。

棘上筋腱炎の原因

棘上筋の通る空間が狭くなり、動かす際に摩擦を受け続けると発症します。肩が丸まって前に入り込んでしまうと、棘上筋は慢性的に伸張した状態になります。このような姿勢が続き肩の筋肉のバランスが崩れると炎症が生じ、痛みを引き起こすケースが多いです。

棘上筋腱炎に対するカイロプラクティックケア

痛みがあり強い炎症が起こっている可能性が高い場合は、超音波やアイシングを用いて炎症を抑えていきます。さらに他の腱板の筋肉や上腕の筋肉の緊張を緩和し、肩の動きにゆとりを持たせていきます。肩が前に入った状態が続くと再発する可能性があるため、姿勢の改善も併せて行っていきます。