下肢の痛みと痺れ

脚のしびれは、単独で発症することもありますが、腰痛などの腰部の問題と関連してよくみられます。しびれや痛みの原因も様々で何に起因して症状が起こっているのかをしっかりと判断することが、症状を早期に改善させる上で重要となってきます。

種類と原因

椎間板ヘルニア
背骨の椎体と椎体の間にあるクッションを椎間板といいます。何らかのストレスがかかって脹れたり、中の髄核が飛び出したりした状態を椎間板ヘルニアといいます。腰部の椎間板にヘルニアが起こると腰痛や坐骨神経痛を伴うことがあります。しかし、激しい腰痛や足のしびれがあってもヘルニアが確認できなかったり、腰痛が全く無くてもヘルニアが確認できることもあり、ヘルニア=腰痛とは断言できないところもあります。

脊柱管狭窄症
脊柱管狭窄症とは、脊髄の通り道である脊柱管が何らかの原因で狭くなり、中を通る脊髄が圧迫されて痛みやしびれを引き起こすことを言います。また、歩行時に下肢痛が酷くなって歩けなくなり、休むと回復するということを繰り返す、間欠性跛行がみられることも特徴です。

梨状筋症候群
仙骨から大腿骨にかけて付着している梨状筋が緊張すると、坐骨神経を圧迫し痛みやしびれを引き起こすことがあります。このような梨状筋の緊張により生じる症状を梨状筋症候群と言います。梨状筋は骨盤や股関節に問題があると過緊張を起こしやすく、坐骨神経は梨状筋の下を通っているため圧迫による障害を起こしやすくなります。

仙腸関節症候群
骨盤の後面にある仙腸関節の問題によって起こる症状を仙腸関節症候群と言います。仙腸関節がゆがんでいたり、片側の関節の可動性が低下していると左右アンバランスな状態になり、上手く負担を分散できなくなります。関節にかかる負担が増加すると周囲の筋肉が過度に緊張し腰部や殿部を中心に痛みを引き起こします。

筋肉からの関連痛(トリガーポイント)
不良姿勢などで筋肉に負担がかかると筋肉が緊張を起こし、血行不良や老廃物の蓄積が生じます。この状態が慢性的に続くと筋肉にしこり状の結節が形成され、これがトリガーポイントになります。しこりに刺激を加えるとその周辺や離れた部位に痛みが広がり、腰部や殿部のトリガーポイントはしばしば下肢に広がる関連痛を起こすこともあります。

他にもこんな症状の方が来院されます。