寝違え

起床時に感じる首や肩、背中の痛みを総じて寝違えと言います。首の緊張が強く、痛みによって振り向くことが出来なかったり、下を向けなかったりと症状の出方は様々です。起床時ではなく、日中首に違和感を感じ徐々に首が動かなくなって寝違えの様な症状を訴えるケースもあります。どちらの場合も数日で改善することがほとんどですが、痛い状態で無理を重ねると慢性疼痛や腕のしびれに発展することもあります。

寝違えの特徴

痛みを訴える部位は様々ですが後頭部の下から肩甲骨にかけてのライン、もしくは後頭部の下から脊柱に沿ったラインに痛みを訴える人が多いようです。炎症が起きている部位に応じて首の可動制限が起こります。極端にひどい場合、すべての可動域に制限が起こります。

寝違えの原因

寝違えを引き起こすきっかけとなるものは様々ですが、不自然な姿勢のまま長時間寝てしまったり、枕やマットなどの寝具が合わなく、首に負担がかかってしまったというケースもあります。また慢性的な首や肩のコリ、精神的なストレスによる緊張状態でも発症しやすくなります。痛みがあるのに無理をしたり、放置していると腕や肩の痛みやしびれに発展するケースも多く注意が必要です。

寝違えに対するカイロプラクティックケア

始めはどの方向に動かせるのか、動かせないのか、痛みの部位や可動範囲、増悪軽減要素を確認していきます。症状が強いと防衛反応として周囲の筋が緊張してしまい、更に可動域を制限してい場合もあります。そのような傾向がみられるときは、前腕や上腕など痛みの部位とは離れたところから施術を始めることもあります。炎症がある場合は、悪化させないように注意しながら筋肉の緊張を緩和させ、機能の損なわれている関節の働きを整えていきます。寝違えの程度によっては、痛みのある筋肉に対してテーピングを行うこともあります。