肩こり・首の痛み

カイロプラクティックケアで大きな効果を期待できる症状の一つです。首や肩の筋肉の緊張状態が長時間続くと血行が悪くなり、疲労が蓄積され発痛物質が分泌されます。これを神経がキャッチしてコリや痛みとして認識するのが肩こりや首の痛みです。筋肉の過度な緊張を引き起こす原因はいくつかありますが、代表的なものとして悪い姿勢での長時間のPC作業があげられます。多くの方は仕事でパソコンを使用していますが、モニターを覗き込むような姿勢で長時間作業している方が多いようです。この様な姿勢は、頭を支える為に首や肩の筋肉を酷使することになります。結果、筋肉が緊張し血行不良を起こして肩こりや首の痛みに発展してしまうのです。それ以外にもムチウチや寝違えなど、肩こりや首の痛みを引き起こす障害がいくつかあります。症状や慢性か急性かによっても対処法が異なるので注意が必要です。

種類と原因

慢性的な肩こり
肩こりの多くは習慣的な要因によって引き起こされます。一般的には筋肉への過度の負担が、疲労物質の蓄積や血行不良を引き起こすことでコリや痛みを発症します。主な原因は姿勢の悪さや同じ姿勢での長時間作業、運動不足、精神的なストレスなど様々です。朝より夕方にかけて悪化する肩こりも多く、ひどくなると頭痛を伴う場合もあります。

寝違え
起床時に感じる首の可動域制限や安静時、または動作時の痛みの発生を総じて寝違えと呼びます。痛みのパターンは人それぞれで、痛くて首が回らないケースから痛みはあるが首は動かせるなど多種多様です。通常、数日で治まることが多いですが、痛みのある状態で無理を重ねると症状は悪化し、腕や手にしびれを引き起こす場合もあるので注意が必要です。

むちうち
交通事故による頸部のトラブル(捻挫、筋挫傷、打ち身など)を総じてむち打ち症と呼び、病院では頸椎捻挫や外傷性頸部症候群と診断されます。原因は体幹に強い衝撃がかかったとき、不安定な状態の頭部が鞭のようにしなる動きを強いられ、筋肉や関節を痛めてしまうというものです。交通事故では後方から追突された時に多くみられます。それ以外に、スポーツの接触プレーで起こる場合もあります。

他にもこんな症状の方が来院されます。