四十肩

名前の様に、40代・50代に多く発症します。肩関節を構成する筋肉や関節などに炎症が起こることから、肩関節周囲炎とも呼ばれます。腕を挙げる時に痛みが起こり、痛みの為に力が入れられなかったり可動範囲が大きく制限されます。四十肩・五十肩は治療をしなくても痛みが無くなるケースもありますが、多くの場合は二年前後痛みが続きます。また放置すると肩関節の可動域は完全には戻らず、制限が残ったままになってしまうことも多いようです。

四十肩の特徴

四十肩・五十肩の症状は、大きく3つの期に分けることができます。

・急性期

発症直後で炎症が強い状態です。痛みも非常に強く、個人差はありますが腕を少し動かしただけでも痛みを感じます。急性期は1~2ヶ月ほど続きます。

・慢性期

炎症反応が落ち着いてきて肩の痛みも軽減してきます。肩の可動範囲は制限されており、無理に動かすと肩に痛みを感じます。痛みの程度に個人差があり、痛みは全くなく、ただ腕を挙げられないという場合もあります。肩甲骨周辺の筋肉に強い緊張があり、腕を90度以上上げられないケースもみられます。

・回復期

痛みは殆どなくなり、ある程度腕を動かせる状態です。動かしているうちに可動制限も徐々に改善していきます。しかし最終的に受傷前と同じレベルまで可動範囲が改善することは少なく、不自由なく動かせるが可動制限は残ることが多いです。

四十肩の原因

四十肩・五十肩は加齢による関節や筋肉の変性をきっかけとして発症することが多いです。これといったきっかけも無く、何となく肩に違和感を感じたと思ったら徐々に動かなくなる場合や、不意にグキッと痛みを感じ徐々に痛みが強くなり動かなくなる場合もあります。すぐに肩が上がらなくなることは少なく、軽い症状だからと放置しているうちに悪化するパターンが多いようです。

四十肩に対するカイロプラクティックケア

急性期・慢性期・回復期で施術のポイントが異なります。急性期では炎症反応が激しく、強い痛みを引き起こしています。そのため、炎症が起こっている部位に対して超音波やアイシングなどを使用し、炎症を抑えると同時に炎症部位に負担をかけている前腕や上腕の筋肉の緊張の緩和なども同時に行っていきます。

慢性期・回復期では、痛みの緩和はもちろんですが、運動制限の改善が主な目的になります。肩関節や筋肉に癒着や拘縮が起こっているので、超音波などの物理療法やモビリゼーションなどを行い少しづつ肩関節に動きを加えていきます。また、肩の可動域を改善するためには肩甲骨の動きを整えることも重要になってきます。肩甲骨周りの筋肉や体幹の調整、前腕・上腕の筋緊張の緩和させることで総合的に肩関節の機能を改善させていきます。

肩関節の構造は複雑ですべての機能を改善するには時間がかかります。おかしいと感じたらできるだけ早くケアをすることをお勧めします。