肩の痛み

肩の動きは、肩甲上腕関節、肩鎖関節、胸鎖節肩、肩甲胸郭関節の4つの関節で作られており、これらの関節をひとまとめにして肩関節と呼んでいます。肩関節は様々な方向に複雑に動かすことができる、体の中で可動範囲が一番大きい関節です。その分、関節に対して靭帯などの結合組織の割合が少なく細かな筋肉の働きによって安定性が保たれています。

その為、一部の筋肉が損傷を受けたり、うまく働かなくなると正しい肩の動きを保てなくなってしまいます。そのような状態を放置していると四十肩やインピンジメント症候群などの障害に発展していきます。症状を改善していくためには細かな評価が必要となります。

まれに、内臓疾患の関連痛として肩に痛みを生じることがあります。外傷など思い当たるきっかけがない場合は注意が必要です。

分類

日常生活からくる肩の痛み
背中が丸まった状態で肩を様々な方向に動かすと、前側以外の方向は可動範囲が狭くなります。この状態で日常生活を送っていると、肩への負担が蓄積して痛みを引き起こすことがあります。体は固くなっていても、頭では動くと勘違いしているので無理な方向に動かしてしまい、痛めることが多いようです。肩関節の施術はもちろんですが、首や背中も同時に整えていくことで早期改善が見込まれます。

スポーツからくる肩の痛み
野球やテニス、水泳など肩を大きく動かしたり複雑に動かすスポーツでは、筋・腱・滑液包などにかかる負担が大きくなります。バランスを崩したまま同じ動きを繰り返すと、肩の筋や腱の損傷を引き起こしてしまいます。このような障害では、肩だけではなく身体全体の動かし方が崩れているケースがよくみられます。再発防止のためには局所的な施術にとどまらず、体全体のバランスをしっかり整えることが必要になります。

種類と原因

四十肩
四十肩は、英語でフローズンショルダーというように肩関節の運動制限が顕著に現れます。肩の動きのバランスが崩れた状態で酷使すると細かい筋肉が痛んでしまい、それをかばうように周囲の筋肉が緊張してしまう為、可動制限が起こります。上まで腕を上げられる場合は、四十肩ではなくインピンジメント症候群の場合が多いです。

棘上筋腱炎
肩関節は、深層のインナーマッスルと浅層のアウターマッスルで構成されています。4つある肩のインナーマッスルの一つが棘上筋です。棘上筋は腕を上げる時に作用する筋肉ですが、何らかのきっかけでこの筋肉に炎症が起こった状態を棘上筋腱炎といいます。初期のうちに処置すれば大事には至りませんが、放置しているとインピンジメント症候群や四十肩の原因となります。

インピンジメント症候群
インピンジメントとは衝突するという意味です。身体の軸がずれていたり、肩の細かな筋肉の機能が低下していると肩を動かす時にバランスが崩れてしまい、筋肉や関節・滑液包などがぶつかりあいます。この状態が繰り返されると組織に損傷や炎症を起こし、肩を動かす時に痛みを感じるようになります。このような諸症状をインピンジメント症候群といいます。

テニス肩
サーブやボレーを打つとき、肩には大きな負担がかかります。これによる疲労の蓄積やオーバーユースで生じる肩の痛みをテニス肩と言います。テニス肩ではインナーマッスルが固くなっており、この問題を抱えた多くの選手が肩甲骨周囲の筋肉の柔軟性が低下しています。痛みが引いたからといってすぐに動かしてしまうと再発するため、筋機能の改善や柔軟性の向上など復帰にはしっかりとしたリハビリが必要です。

野球肩
野球肩は肩のインナーマッスルであるローテーターカフのトラブルであり、オーバーユースや無理な体勢で投げようとしたときに発症します。疲労が蓄積され、ローテーターカフの柔軟性が低下すると肩の動きに伸張性が追いつかず、周囲筋群や腱を傷めます。肩の疲労がたまりやすかったり、引っ掛かりを感じる場合は体幹のバランスが崩れ、肩への負担が増大している可能性がありますので注意が必要です。

他にもこんな症状の方が来院されます。