テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

テニス肘とは、ストロークを繰り返し行うことで生じる肘の痛みです。一般的にテニス肘とは上腕骨外側上顆炎のことを指し、バックハンドストロークが起因となりますが、実際にはフォアハンドストロークにより内側上顆を痛めるケースも多いです。インパクト時の衝撃が手首を動かす筋肉の肘の付着部に加わり、微細な損傷を引き起こし発症します。前腕の筋肉の柔軟性が低下していると生じやすく、30代後半から50代に多くみられます。

テニス肘の特徴

肘の外側に圧痛が生じ、手首を反らせると肘の外側に痛みが出ます。雑巾を絞るような動作でも痛みが増すケースが多いです。通常、何もしていないと痛みは出ませんが、炎症が悪化すると動作をしなくても痛むようになります。状態が悪すると、手指と手関節の筋力低下を引き起こすこともあります。

テニス肘の原因

肘の外側から手首にかけての筋肉を反復して使用することで、肘の付着部に負担がかかり発症します。テニスなどのオーバーユースで発症することが多いですが、PC作業やマウスの使用により同じところを痛めるケースもあり、テニスをしていないにも関わらずテニス肘になるケースもあります。

テニス肘に対するカイロプラクティックケア

炎症が強く痛みがある場合は、アイシングや超音波などの物理療法を使用し炎症を抑えていきます。また肘周りだけではなく、肩から手首にかけての筋肉の緊張を緩和させ、関節の動きを調整していきます。再発防止のため、テーピングの使用や、関係する筋肉のストレッチやエクササイズを指導します。