肩の痛みの症例⑥~左腕を後ろに引くと肩が痛い 30代 女性~

In 肩の痛み by user

30代女性が、左肩の痛みを訴えてスマートカイロプラクティックに来院しました。
2~3ヶ月前から、腕を肩の高さから後ろに回す動作で痛みを感じていました。
思い当たる原因として、リフレクソロジーの勉強をされていて、男性の足を持ち上げる動作をよく行っていたとのことでした。

 

来院時の症状

・肘を伸ばした状態で、左腕を肩の高さから後ろに引いた時に肩が痛む
・力を入れずに、人に動かされると痛くない
・胸椎の柔軟性低下(猫背姿勢)
 

施術後の経過

初回の施術後、左肩の痛みはほぼ消失しましたが、2週間後の来院で、再び痛みが出現していました。まだ、取り切れていない痛みの原因を探り、そこを施術したところ、2回目の施術で、消失しました。痛みの原因として考えられる、リフレクソロジーの施術の際の姿勢の改善と、左肩から腕にかけてのストレッチをしてい頂くことで、症状が落ち着いています。現在は、3~4週間のペースで全身のケアをしています。
 

担当者のコメント

ご自身で動かすと痛みがありましたが、私が動かすと痛みを感じないことから、関節の動きの問題よりも、筋肉の働きに問題があると考えられました。
初回は、筋力テストで弱化が見られた肩甲下筋及び前鋸筋(どちらも肩甲骨に付く筋肉)に対する重点的なアプローチで痛みが軽減しました。
2回目の来院で、肩甲下筋の筋力は回復していましたが、前鋸筋の筋力がまだ弱く、痛みの場所が、上腕三頭筋(二の腕の筋肉)の起始部に限局していました。上腕三頭筋の起始部及び小円筋を重点的に施術し、さらに、腕を後ろに引く動作での、胸椎の伸展動作(胸を張るような動作)が低下していたことから、胸椎の柔軟性を付けるための施術を行いました。その結果、前鋸筋の筋力も回復し、痛みも消失しました。