下肢の痛みや痺れの症例③~歩行で生じるお尻の痛みとふくらはぎの痺れ 50代 男性~

In 下肢の痛みや痺れ by user

50代男性がお尻の痛みとふくらはぎまで広がる痺れを訴えて、スマートカイロプラクティックに来院しました。2~3年前から、ゴルフへ行って後半ぐらいから少し歩いただけで右のお尻(股関節付近)に張ったような痛みと重だるさが出てくるようになりました。しばらくすると、それが段々ふくらはぎぐらいまで下がってくるのか軽く痺れる感じがします。日常生活には支障はありませんが、ゴルフの度に症状は出ます

 

来院時の症状

・ゴルフ後半から出てくる右のお尻(股関節付近)の痛みと重だるさ

・ふくらはぎに広がる軽いしびれ

 

施術後の経過

初回から4回目の施術までは症状の著しい改善は見られませんでした。しかし、5回目の施術に入る前までに症状が好転し、右臀部の痛みはなくなり重だるさもあまり感じなくなってきていました。同時にふくらはぎの痺れは消失していました。その後は1週から2週に施術間隔を広げてみましたが、症状の増悪は見られていません。今後はメンテナンスに移行し、1か月から1か月半に1回の施術をしていく予定です。

 

担当者のコメント

この患者さんの腰の関節はガチガチに硬く腰の前弯もきつくなっており、身体の前屈動作をしてもらうときも腰を反らせながら動いている感じでした。そのため、症状は椎間関節や椎間板性のものとも考えられましたが、筋力検査や触診などから梨状筋症候群の疑いが強まりました。梨状筋症候群とは、骨盤の仙骨から股関節に付着する梨状筋が過度に緊張することで、その下を走行している坐骨神経に影響を及ぼします。また、梨状筋自体にトリガーポイントができることで痛みや痺れを引き起こすこともあります。症状の部位としては臀部、大腿後面、ふくらはぎなど(全てではない)です。普通は座っている時に症状が酷くなることが多いのですが、たまに動きの中で増悪することもあります。この症例の場合、梨状筋にある硬結に圧を加えると痛みと若干の痺れが再現できました。

施術としては骨盤の歪み腰の関節の硬さを取っていきながら、梨状筋のトリガーポイントを紐解くように緩和操作をしていきました。ご自宅では症状の出ない範囲で、できるだけストレッチをしてもらうようにしました。症状が改善されてきたのは、関節が全体的に少しずつ動き出した時期と一致しており、硬い関節が筋肉に与える影響が大きかったことがよくわかりました。

お身体の負担を少しでも減らしてあげると、趣味の運動を長く続けていくことが出来ます。少しでも気になることがあれば、酷くなる前にご連絡下さい。