足の痛みの症例③~ランニング後に発症するかかとの痛み 50代 男性~

In 足の痛み by user

50代男性がかかとの痛みを訴えてスマートカイロプラクティックに来院しました。1年くらい前からランニング後に右かかとの内側に痛みを感じ始めましたが、気にせずランニングを続けていたら痛みが強くなってしまいました。クッション性の高いシューズを履いていると痛みは少ないのですが、革靴を履いたりフローリングを裸足で歩くと痛みます。整骨院では足底腱膜炎と言われ、電気やマッサージを受けましたがあまり変化はありませんでした。朝が一番痛く、歩くときもつい庇ってしまいます。動いているうちに痛みが小さくなるのですが、じっとしてからの動き出しで、また痛みが走ります。最近はランニングを休んでいて、特にケアもしていません。

 

来院時の症状
・右かかとの痛み

 

施術後の経過

初回のカイロプラクティック施術後、足を着いた時のかかとの痛みは半減しました。3日後に2回目の施術を行ったところ、朝の痛みが小さくなり、痛みを感じる時間も短くなりました。3回目以降は週に1回の治療を数回繰り返し、その後は歩行時の痛みも気にならなくなりました。現在は間隔をあけてモニターしています。

 

担当者のコメント

今回はかかとの内側、土踏まずとの境目あたりに痛みを感じていました。接骨院でも足底腱膜炎と言われ足底に対する施術を受けていたそうですが、今回は範囲を広げて骨盤、股関節から下をチェックしました。すると右の股関節の固さ太腿外側の緊張が見つかり、股関節は外旋していました。また足底アーチも少なく、クッション性も低下していました。この状態では、足底腱膜の緊張を緩和してもバランスが悪い為、すぐに足底腱膜が緊張してしまいます。施術は身体全体のバランスを整え、特に股関節の柔軟性を高めることに重点を置きスタートしました。全体のバランスが整うに連れてかかとの痛みも小さくなり、施術の持続性も高まっていきました。股関節の問題と足底の痛み、どちらが先かはわかりませんが足底の施術だけをしていたら、なかなか改善しなかったでしょう。