下肢の痛みや痺れの症例④~椎間板ヘルニアによる足の痺れ 40代 男性~

In 下肢の痛みや痺れ by user

40代男性がを左脚の痺れを訴えスマートカイロプラクティックに来院しました。1ヶ月前にぎっくり腰をしてから左腰に痛みと痺れを感じ整形外科で受診。MRI撮影を行い腰椎下部のヘルニアと診断されました。痛み止めの飲み薬を出されましたが痛みが一向に引かず、耐えきれない痛みがつづいていることから来院しました。

 

来院時の症状

・臀部から左脚もも裏、足底にかけて痺れ

・どの角度に動いても痛みが誘発

・身体全体左側屈位の逃避姿勢

・どの姿勢でも痛みがあるが立位が一番痛みが弱い

・左臀部の筋力弱化

 

施術後の経過

1回目の施術では身体側屈位の逃避姿勢は無くなり痛みはやや軽減、しかし強い痛みと痺れ感は残っていました。2回、3回と施術を行い4回目の施術後では痛みは半減され100m程歩けるようになりました。この施術の後からは痛み止めの薬は服用しなくなったとのこと。現在5回目の施術を終え、無理をすると痛むが通勤での家から駅まで(約1km)歩いても症状はでなくなったとのこと。現在1週間おきに施術を行い経過を見ています。

 

担当者のコメント

この方の症状は典型的なヘルニア症状が現れていました。MRIの確認も行ったが腰椎5番と仙骨の間の椎間板が左側に大きく凸していました。問診から、普段は癖で右側に身体がいつも倒れぎみに傾いてしまっていて、ネクタイが常に右足側に傾いていたということから腰部左側の関節板が常に外方へ圧迫されている状態だったと推測できます。初期の痛みが強い時期は患部への負担をできるだけ減らすための施術を中心に行うことが重要です。また早期にアプローチを加えることも重要ですので、お困りの方は早目にご相談ください。