頭痛の症例③~小学生から続く頭痛 20代 女性~

In 頭痛 by user

20代女性が小学生から続く慢性的な頭痛を訴えてスマートカイロプラクティックに来院しました。
もともと姿勢が悪く、小学生の時から頭痛を起こしていました。大学生になってヒールの高い靴を履いた後やレポート作成などでパソコンを長時間するとよく頭が痛くなりました。就職して4年目ですが、社会人になってから頭痛の強さや頻度が増してきて、軽い頭痛も含めるとほぼ毎日頭痛が出ています。会議などで緊張した状態が続くと強い頭痛が起きることが多いです。職場から近いところでカイロプラクティックを探していたのですが、たまたまテレビに出ているのを見て行ってみることにしました。

 

来院時の症状

・頭痛
・首と肩のこり

 

施術後の経過

初回の来院時は軽い頭痛が出ており、施術後は痛みはなくなりました。来院までの1週間、頭痛の頻度は減り、軽い頭痛が1~2回生じる程度でした。次の1週間は結婚式に出席する際にいつもより高いヒールを履いたせいか、帰宅後に軽い頭痛が出ましたが、それ以外に頭痛は出ませんでした。翌週は一度も痛くならなかったので、治療間隔を2週に1回に移行しました。

 

担当者のコメント

この患者さんは、顎を突き出したような姿勢をしており、骨盤も大きく歪んでいました。骨盤のゆがみが酷いと頭蓋骨の歪みを引き起こすケースが多く見られます。頭痛というと偏頭痛や緊張性頭痛が一般的ですが、頭蓋骨のゆがみに起因して頭痛が起こるケースもよく見られます。これらの頭痛は、100%このタイプと分けられるものではなく、いくつかの頭痛の要素が混合しているケースがほとんどです。今回、身体全体の歪みを整えていくことで症状が軽減していったのもそのためでしょう。何をやっても良くならない頭痛は頭蓋骨の歪みが原因かもしれません。