膝の痛みの症例⑥~膝が痛くて正座が出来ない 40代 女性~

In 膝の痛み by user

40代女性が正座をした時の膝の痛みを訴えてスマートカイロプラクティックに来院しました。
以前、半月板を痛めてから正座をする時に痛みを感じるようになりました。2ヶ月ほど前、軽く膝をひねってしまい、その後から痛みがひどくなった気がします。元々腰痛もあって数日前に床に落ちている物を拾おうとした時にまた痛くなってしまいました。朝が一番痛みが酷くて徐々に和らいでいきます。動いているうちに調子がよくなってお昼ごろには痛みはだいたいなくなります。そのまま、治るかと思ったのですが朝起きるとまたいたくなっています。

 

来院時の症状

・左膝の痛み
・腰仙部の痛み

 

施術後の経過

初回のカイロプラクティック施術後、腰の痛みはかなり改善しました。朝の腰痛も毎日ではなくなり、痛みもかなり小さくなりました。その後、数回の施術で腰痛は改善しました。膝の痛みはなかなか大きな変化は見られませんでしたが、5回目の施術後から正座する度に出ることはなくなりました。その後も施術を継続し、計10回の施術で症状は改善しました。

 

担当者のコメント

膝の動きに関連する筋肉を検査してみると、多くの筋肉に筋力低下や過緊張がみられました。このような状態では膝をスムーズに動かせません。その為、傷めている半月板に負担がかかってしまい痛みが強くなってしまったのでしょう。骨盤のバランスも崩れていたので、半月板に負担がかからない様にするために、骨盤から股関節、膝までの状態を整えていきました。痛めていた半月板も負担がかからないことで徐々に改善し痛みが小さくなっていきました。今回のケースでは患部に負担がかからない様にかばうことでバランスが崩れ、巡り巡って膝に負担がかかるようになってしまうという悪循環に陥っていました。痛くなったら我慢せず、早めにケアすることで早期改善と慢性化を防ぐことができます。