腰痛の症例⑦~洗顔によるぎっくり腰 20代 女性~

In 腰痛 by user

20代女性がギックリ腰の痛みを訴えてスマートカイロプラクティックに来院しました。
一昨日の朝、顔を洗おうとして前かがみになったときに発症したそうです。一日経過し痛みは小さくなっていますが前に屈む、反る、捻るときも痛みがあります。その他に、社会人になってから姿勢が良くないと感じています。

来院時の症状

・左腰の痛み

施術後の経過

初回のカイロプラクティック施術後、伸展時の痛みは残りましたがそれ以外の動きでの痛みは消失しました。4日後に2回目の来院。痛みは大きく改善しており、伸展時の痛みも軽減していました。長時間座ってから立つ時に若干腰痛が出ますが、大分動けるようになっていました。状態も良くなっていたので1週間に1回の治療間隔に移行しました。

担当者のコメント

今回のケースでは、痛みは腰に出ていましたが、原因は股関節の前側にある腸腰筋の過緊張によるものでした。洗顔の時に前に屈んだ際、瞬間的に強い負担が加わり緊張してしまったのでしょう。腸腰筋が過緊張状態にあると腰がまっすぐ伸ばせなくなります。座っている間は縮んだ状態なので立つ時に腰が伸びなかったり痛みを感じたりするのは、この腸腰筋が影響していることが多いですす。そのような場合、前と後ろのバランスを整えていくことが重要になってきます。