手首の痛みの症例④~ピアノ演奏による手首の痛み 20代 女性~

In 手首の痛み by user

20代の女性がピアノ演奏中に生じる右手首の痛みを訴えてスマートカイロプラクティックに来院しました。特にオクターブや和音の連打の時に辛く、2~3ヶ月前から発症し徐々に悪化しています。音大の学生であるためピアノの練習時間は長く、1日に4時間ほど演奏します。近日中に本番があるため、状態を安定させたいと訴えていました。

 

来院時の症状

・右手首の母指側の痛み
・首~肩のこり

 

施術後の経過

初回の施術で手首の痛みは7割程改善しました。本番も近いため間隔を詰め、3日に1回のアプローチを続けました。10日後にはほとんど痛みを感じなくなり無事に本番を終えましたが、演奏を長時間続けると少し痛みが残ります。1か月後には特に問題なく、演奏を続けられる状態まで回復しました。

 

担当者のコメント

今回のケースは腱鞘炎による痛みであったと思われます。ピアニストに発症しやすく、病院へ行っても回復しない方もおられます。大半の方が、手首の関節や手根骨の関節に機能障害を抱えており、首から肩甲骨のアプローチに加え、手首周囲へのケアが必要になります。このような手指の障害を抱えながら無理をして練習をされている方は、お早めにご相談ください。