肩の痛みの症例⑤~左肩の痛みで腕が上がらない 40代 女性~

In 肩の痛み by user

40代の女性が肩の痛みを訴えてスマートカイロプラクティックに来院しました。
半年前には左肩の痛みはありましたが、1か月前ぐらいから痛みが増してきました。背中に手をまわしたり上に手をあげたりするのが辛いので下着を付けるのも困難です。じっとしていても痛みが出ることがあります。元々、肩こりや頭痛はありましたが肩の痛みが強くなるとそちらの症状も強くなる気がします。

 

来院時の症状

・背中に左手をまわすと肩に痛み
・左腕を上にあげられない

施術後の経過

初回から3回目の施術までは、顕著な変化は見られませんでした。左手を後ろ(背中)に回してもらった際は、ウエストラインから5㎝上を親指で指すのが精一杯でした。その後、超音波を使用し、関節の矯正、筋肉の緩和、最後に関節の可動域を付けていくように動かして、テーピングも含めた施術を継続して行ったところ、8回目の施術後、ウエストラインから10㎝上を指せるようになりました。現在は、施術の間隔を空け全身のメンテナンスも含めて来ていただいておりますが、肩甲骨の下縁ぐらいまで親指で指せるようになっています。

 

担当者のコメント

肩関節の痛みと可動域の低下は一般的に「四十肩・五十肩」と言われていますが、これは肩関節周囲炎が40代、50代になって発症したものです。肩関節周囲で起きている炎症のため動かすと痛く、ひどいとじっとしていても痛みが継続する場合があります。この症状は放っておいても1年~1年半で痛みは治まると言われていますが、可動域は格段に狭くなってしまいます。その為に、炎症を抑えながらも可動域を広げていくような施術が必要になります。四十肩、五十肩だから・・・と諦めずに、是非、ご相談ください。家でのエクササイズ方法なども併せて、ご紹介させて頂きます。