お尻・股関節の痛みの症例⑦~右股関節の痛み(臼蓋形成不全) 40代 女性~

In お尻・股関節の痛み by user

右の股関節の痛みを訴えて40代の女性がスマートカイロプラクティックに来院しました。
以前にも同じような症状があり整形外科に行ったところ、「股関節のかぶりが浅い」臼蓋形成不全と診断されました。長時間歩いたり長時間座っていたりすると右の股関節が痛くなります。ひどいとびっこをひいて歩かなければ歩けません。最近は痛みが出る間隔が狭くなってきた気がします。放っておくと右のお尻から太ももの裏側の方にまで痛みが広がります。

来院時の症状

・右股関節の痛み
・ひどいと足を引きずって歩く
・右のお尻から太もも裏側まで痛みが広がる

施術後の経過

初回の施術では、固まってしまっている右股関節周りの筋肉の緩和操作と、動きの悪さを少しでも取り除くために動きを出す操作を行いました。施術後はまだ少し痛みが残っているものの、歩きやすいということでした。2回目の施術では、初回の施術の継続と股関節が関係する腰の関節、仙腸関節、膝関節や足関節まで施術範囲を広げました。その後の施術では、右股関節の調整を中心に全身の調整を
行っていくようにしました。3回の施術後に股関節の痛みは消失しましたが、臼蓋形成不全症があるため、定期的なメンテナンスにご来院いただいております。

 

担当カイロプラクターのコメント

臼蓋形成不全は成長と共に体重が股関節にかかってくることで痛みを発することが多いと思いますが、この患者さんの場合も長期的に症状を蓄積させてきたようです。痛みを自覚し始めた時には、その痛みを庇うため全身のバランスが悪くなり、他の関節や筋肉にも支障が出てきます。そのため全身の施術が必要となります。
臼蓋形成不全があるために定期的なメンテナンスは必要だと思いますが、メンテナンスをしていくことでこの症状とうまく付き合っていけると思いますので、一度ご相談下さい。