お尻・股関節の痛みの症例⑨~腰痛と股関節の痛みで上手く歩けない 60代 女性~

In お尻・股関節の痛み by user

台東区に住む60代女性が股関節の痛みと腰痛を訴えてスマートカイロプラクティックに来院しました。過去に3回ぎっくり腰になったことがあり、2年位前から左下肢に痛みが出ていて歩きづらくなっています。整形外科で診てもらったところ左の股関節に変性が見られ手術を勧められました。手術は避けたいので色々探してカイロプラクティックを試してみることにしました。

来院時の症状

・腰痛
・左臀部の痛み
・左鼠径部の歩行時の痛み

・左脚外側の痺れ

施術後の経過

初回来院時は、痛みの為に股関節をまっすぐ伸ばすことも出来ず、少し動かすだけでギュッギュッと音を立てていた。施術後は、姿勢もやや改善し股関節の動きも施術前よりもスムーズになった。施術を重ねるごとに姿勢と歩行のスピードが速くなり痛みが出にくくなってきている。現在も施術を継続している。

 

担当者のコメント

今回のケースでは、長期にわたって股関節に痛みがあるにも関わらず、適切な処置が出来ていなかった為、股関節周りの筋肉がかなり固くなってしまい、一部は短縮気味になっていました。深部の腸腰筋や梨状筋はもちろん、表層の大殿筋や大腿筋膜張筋などもカチカチに固まっていました。これらは股関節の窮屈さを作り、動きを制限させることはもちろん、短縮気味の腸腰筋は股関節をまっすぐに伸ばせない原因となっていました。


毎回の施術では、全身のバランスを整えることと股関節周辺の筋肉を整え可動域を改善することを並行して行っていきました。股関節の可動範囲が変われば身体全体のバランスも変化します。それにちゃんと馴染むように全体のバランスも整える必要があるのです。その甲斐あって比較的早期に痛みの軽減が見られました。今後も引き続き施術を行っていく予定です。