肩の痛みの症状⑦~投球時の右肩の痛み(野球肩) 30代 男性 ~

In 肩の痛み by user

30代男性が右肩の痛み(野球肩)を訴えてスマートカイロプラクティック銀座店に来院。
高校時代まで部活で野球をしており、3年時に投球時右肩に痛みを感じたが引退間際だったので誤魔化しながら野球をしていた。整体に行ったが変化が見られなく、その他専門機関に診てもらったことはないという。最近会社のメンバーと草野球を始めたが最近、全力で投球をすると以前のように痛みを感じるようになり来院。

 

来院時の症状

・投球時の右肩の痛み(野球肩)

・右肩を挙上すると違和感と多少の痛みが出る
 

施術後の経過

初回の施術では挙上時の違和感の減少には繋がったが、全力での投球動作をするとやはりまだ痛みがでる。3回目の施術で肩の挙上での違和感は消失。
7回目の施術で、全力の投球動作でも痛みはほとんど感じることが無くなった。

担当者のコメント

初回に痛みを感じ始めてから10年以上経っているため、痛みの減少までに少し時間がかかりました。肩と腕を繋いでいる関節に、筋肉の終末部分である腱に癒着がみられたため、可動域も左に比べかなり減少がありました。
腱の癒着を取り除き肩を取り囲む筋群の調整をしていくことによって少しづつ改善がみられたケースです。野球肩は症状が出てから早目の施術を受けられた方が回復も早いと言えます。