腕の痛みや痺れの症例①~上を向くと右手が痺れる 40代 女性~

In 腕の痛みや痺れ by user

40代女性が2,3日前から上を向くと右手全体に痺れがでるようになった。家族に介護が必要な人がいるため毎日かなりの重労働を強いられている。家族の様態が以前より悪くなり補助も以前より必要となり最近は身体を酷使するようになり同時に症状も現れてきた。

来院時の症状

・右首の違和感
 
・上を向いてしばらくすると腕がしびれる
 
 

施術後の経過

1回目の施術では上を向いた時の首の可動域は広がったものの痺れは同じ様に現れた。2回目の施術ではやや痛みに改善は見られ、3回目を行った後はだいぶ痺れや痛みが治まって来た。現在はペースを少し伸ばし4回目の施術を今後行う予定。

 

担当者のコメント

この患者さんの症状は頸椎での神経の圧迫により生じた症状でした。上を向くと頸椎からでる神経の出入り口は狭くなることによって症状が誘発されていました。しかしよく診ると患部に問題はあまりみられず、その患部の下側にある背骨の可動制限患部に負担をかけ痺れを誘発していました。施術としては頸椎下部及び胸椎上部を矯正することによって本来ある可動域を取り戻し、患部への負担を減らすことで痺れの軽減がみられました。

スマートカイロプラクティック銀座店