お尻・股関節の痛みの症例②~腰からお尻にかけてのピリピリする痛み 50代 男性~

In お尻・股関節の痛み by user

50代の男性が腰からお尻にかけてのピリピリするような痛みを訴えてスマートカイロプラクティックに来院しました。半年前に階段から落下し、腰を打ちました。レントゲンでは異常がありませんでしたが、その後庇っていたのか身体のバランスがおかしくなりギックリ腰になりました。それからずっと痛みが残っている感じで、左の腰からお尻股関節に嫌な感じがあります。股関節は朝起きるとおかしく歩いているうちに収まってきますが、腰の方はずっと座っているとピリピリするような痛みと痺れが出てきます。

 

来院時の症状

・ずっと座っていると腰からお尻にかけてピリピリするような痛みと痺れが出てくる

・朝起きると股関節がおかしい

 

施術後の経過

3回目の施術後からで痛みの軽減がみられましたが、効果が3~4日しか続きませんでした。4回目の施術後から1週間ほど効果が持つようになり、その後2回の施術で徐々に症状が改善されていきました。現在は3~4週間の間隔でメンテナンスをしています。

 

担当者のコメント

この患者さんは変なバランスをとって生活されていたため、梨状筋(臀部の筋肉)と腰椎脇の筋肉の異常な硬さが現れていました。特に腰椎脇の深部筋や腰の筋肉(腰方形筋)が硬くなることで骨盤のバランスも崩れ歪みが大きく出ていました。この腰方形筋を刺激すると関連痛がお尻や股関節の方に現れていたため、トリガーポイントも認められました。股関節は骨盤の歪みによるものでした。深部にある筋肉は丁寧に緩和操作をし、骨盤の歪みを整えていくと症状の改善が見られました。

痛みや痺れは慢性化すればするほど、症状回復に時間がかかります。放っておけばその内・・・、とするとどんどん悪い方向へ進んで行ってしまうので、気になり始めたら早めにご相談ください。