しみしみ大根が冷えた身体にしみる~@築地バルわだ家 築地6丁目

In by user

こんにちは、スマートカイロの伊藤デス。

 

2~3日で秋を飛び越えて、一気に冬になってしまった感じですね。

このぐらいの気温の時は、いつもどんなものを着ていたか分からなくなります。

冬物を何枚か出してきましたが本格的に衣替えとはなっていないので、早めにやってしまわなければ。

 

緊急事態宣言が明けて21時までの飲食ができるようになったので、1杯は飲んで帰れるようになりましたよ。

先日のちょっと寒くなってきた日に、近くの「わだ家」さんに初めて行ってみました。

「わだ家」さんは関西の味にこだわった居酒屋さんです。

まあでも、伊藤は関西の味とか分からんので、普通に美味しいものがあればOKなのですが。

 

久しぶりの「生中!」を頼んでメニューを見た時に、一番に目に飛び込んできたのは「おでん」の文字。

本当に肌寒かったので即注文!

 

おでんと言ったら・・・。

 

もちろん大根でしょうっ!!

結構大きな大根がデン、お皿から伸びていました。

(写真では伝わらないかもしれませんが、高さのある大根でしたー。)

メニューにも書いてありましたが、

「たっぷりのシジミと鶏でとった優しい味の旨出汁」

のおでんなのです。

おでん汁が少し濁っているのも特徴なんでしょうかね。

 

もーねー!!

大根の芯までお出汁が染み込んでいて、「うっまー、うっまー!!」と声に出しながらいただきましたよ。

 

あと、コレです。

じゃがいも。

じゃがいもは皮付きでしたが、皮のパリパリ加減と中のホクホク加減が丁度良いのです。

もちろんコレも、芯までお出汁が染み込んでいました。

しかも、心なしかお芋が甘いんです。

友人は「何だこれ、何だこれ」と声出ししてました。

 

変わり種で、コレです。

豆もやし。

こっちの方では豆もやしをおでんに入れるって、見たことないんですよね。

これは関西ではポピュラーなんでしょうか?

豆もやしなのでおでんに入れてもシャキシャキ感はしっかり残っていましたし、お出汁との相性も良かったです。

 

1つ残念なのは、ちくわぶが無かったこと。

ちくわぶは伊藤の大好物なんですよねー。

「関西の~」と謳っているからにはまあ無いだろうなと予想はしましたが、この美味しいおでん汁の中にちくわぶ入れたらもっと美味しいと思うのですがねー。

考えたらちくわぶ食べたくなってきた。

 

本当に美味しいおでんだったので、会計時に

「寒くなったら、また来ます。 いや寒くなくても絶対に来ます!」

と宣言してまいりました。

 

息が白くなってからの「あのおでん」は、美味しさ2倍増しと断言できます。

皆さまも是非、あのおでんの大根とじゃがいも、食べてみて下さいなー。

 

伊藤

 

スマートカイロプラクティック