ストレートネックと言われたことがある人は注意ですよ!!!

In by user

こんにちは、尾口です。

健康コラムを書くと決めて結構立ってしまいましたが、今日からポツポツ書いていこうと思います。

記念すべき第1回目に取り上げるのは、「ストレートネック」です。

色々なテーマがある中で何故ストレートネックなのか。

先日、通勤時に信号待ちをしていたら、目の前をおじさんが通ったんです。

スマホを見ながらひどい姿勢で・・・。

そもそも、歩きスマホはしない方がいいですが、ついついやってしまうのもです。

スマホを見る時に何が問題なのか、具体的にしていこうとお思います。

写真は、伊藤先生にスマホを見る時のいつもの感じを再現してもらったものです。

(決して、伊藤先生をディスったり、たくましさをアピールするものではありません)

これを見て、姿勢が悪いのは一目瞭然だと思います。良くないですね。

浅く座っているので上半身は倒れているし、スマホを覗き込むために頭だけ前に倒れています。

こんな姿勢に心当たりがある人も多いのではないでしょうか?

この姿勢では、まず首の付け根から肩甲骨にかけて負担が大きくかかります。

さらに、頭だけお辞儀しているので頸椎の前弯が無くなってストレート気味になってしまいます。

駅などで立ち止まってスマホを見ている人でもこういう姿勢の人を良く見かけますね。

ひどいともっと頭が下がっています。

この様な姿勢を常にしていると首の前側や胸の筋肉が固くなり、頭が前方に変位した状態で固定されてしまいます。

当然、肩こりや頭痛が起きやすくなりますし、この状態で整形外科でレントゲンを撮影すればストレートネックと言われるわけです。

日常的にこの手の姿勢になっている人は、上部胸椎が固くなってしまっているケースが多く、自力で姿勢を正そうとしてもなかなか上手くいきません。

施術したって一回でバチっといい姿勢にするのは難しいので当然ですね。

日常的に気を付けた方がいい点として

・スマホを見る時に出来るだけ位置を高くする

・日頃から目線を高くする。

(歩いている時に地面を見ている人が結構います。)

すぐにできる事なので、気が付いたら直すようにしてみて下さい。

一番いのは身体のケアをしながら変えていく事なんですけどね。

また、色々書いていこうと思います。

では。

尾口

スマートカイロプラクティック