国際シンポジウムもオンライン!!!

In by user

こんにちは、尾口です。

4月~6月は業界的に行事が多く、例年だと西日本地区のカンファレンスに参加するために神戸に行っていました。

昨年は、発表する予定でしたが、コロナの影響でカンファレンスが中止になり、今年はオンライン開催となりました。発表もスライドして今年行う事になったのですが、久々にパワーポイントで資料を作成に悪戦苦闘しています。

加えて、私が所属している日本スポーツカイロプラクティック連盟の上位団体、国際スポーツカイロプラクティック連盟(FICS)のシンポジウムも5月に開催されるのですが、今年は初めてオンライン開催となりました。

私も10数年前にポルトガルで開催されたシンポジウムに参加したことがありますが、月曜日の仕事終わりに成田に行って、フランス行きの深夜便に乗り、金曜の早朝便に乗って土曜の朝に帰国→そのまま仕事というハードスケジュールでした。

(ポルトガルの街並みは綺麗だったな~。)

それを考えるとオンライン開催は負担が少なくて参加しやすいので良いのですが、日本から参加すると時差が結構きついのでそこがネックです。

今回、アジア地区を取りまとめるフィリピンの先生から、「日本からもぜひ参加してください。」と連絡が入りました。

仕事柄、普段出張が無いのでこういう時に羽を伸ばす先生も多いと聞きます。オンラインは気軽に参加できるけど、人気が無いのかも知れません。

国際会議に日本から参加できない時に色々とフォローしてもらっていて、お世話になっている事もあって、私を含め数名でオンラインシンポジウムに参加することになりました。

恐らく、半分理解できれば十分かと思いますが、英語を聞いて耳を慣らしておこうと思います。ブログにかけそうなシンポジウムネタがあったら、またこのテーマで書きたいと思います。

尾口