水の呼吸には12まで型があったとは!!『鬼滅の刃 無限列車編』4DX

In by user

こんにちは、スマートカイロの伊藤デス。

 

先日の15日に最寄りの映画館では、『鬼滅の刃 無限列車編』のIMAXと4DXが上映終了でした。

正直「まだやっていたんだー。」という感じでしたが、そういえば4DX版が観たかったんだよなーと思い出し、ラストチャンスだと思って行って参りました。

3月の頭に観に行こうと思っていたんですが、緊急事態宣言も出て自粛しました。

宣言明けて「さあ、行こう!」と思ったら、丁度そのころから上映を開始した『エヴァンゲリオン』に4DXを交代する感じで、『鬼滅の刃』の4DXを上映しているところが無くなってしまって諦めておりました。

 

15日の終了に向けてまた4DX版の上映を再開する映画館がまた増えて、これを逃したらもうないなと思ったので、最終日の最終回に行って参りました。

 

行ったのは豊島園のユナイテッドシネマとしまえん。

最終20時30分の回でした。

レイトショー枠なので空いているだろうと思いきや、7~8割座席は埋まっていました。

 

4DXなので、座席動きます。 風出てきます。 水しぶき飛びます。

まあ、アトラクションみたいな感じですよね。

 

鬼滅の刃は戦闘シーンが多いので、結構激しく座席が動いていました。

そんな中。

主人公の炭治郎は「水の呼吸」を使います。

ということは、水しぶきが飛んでくるんですよ。

座席の前方、前の座席の背面に噴射口があるんですが、丁度私の座高にマッチしていたのか。

水しぶきが毎回毎回目にかかってくるんですよ!!

え?何? 目つぶし!? って感じで、良い感じで目にかかるんです。

もうね、水の呼吸12の型かよ!って感じ。

私のHPをゴッソリ削っていきましたよね。

 

映画の内容はもう完全に頭に入っているので、ただひたすらに水の攻撃を耐えているという時間が多かった気がします。

 

煉獄さんの炎の技の時に熱風が出てきてくれたら言うことなし!だったんですが、さすがにそれはなかったです。

でも、あまりに座席に振られ過ぎて、映画終了後は体がポカポカしていました。

実は、温かい風が出ていたのか?

はたまた、体が振られて「振るえ産熱」されて温かくなったのか?

謎が残りました。

 

ここでいったん鬼滅の刃ブームは終了ですかね。

年内にTVシリーズの2期が始まるようなので、そこまでお預けですねー。

 

伊藤

 

スマートカイロプラクティック