甘酒横丁散歩

In by user

こんにちは、スマートカイロの伊藤デス。

 

昨日UPさせていただきました「cafe ami」さんからの帰り道。

最寄り駅は浜町で本当に目と鼻の先に地下鉄入り口があるのですが、折角の見知らぬ街。

もう少し先の駅まで歩こうということで、日比谷線の人形町駅まで歩きました。

 

浜町(正確には明治座)←→人形町は直線なのですが、その間にある通りが「甘酒横丁」です。

通りの入り口近くに甘酒屋さんがあったのが通りの由来だとか。

 

東京の下町を感じる建物が並んでいたりしました。

よく知ってるコーヒーやお鮨のチェーン店なのに、昔ながらの建物をそのまま使っていたり。

それが逆にオシャレな感じがして、風情ある雰囲気を醸し出していました。

 

で、とあるお蕎麦屋さんの窓にメニューが貼ってあったんですが。

何となく見ていましたよ。

へぇ、日本橋といえど、たぬきせいろは妥当なお値段なんだー。

トマトとじせいろ、美味しそうー!

え。

何かお蕎麦屋さんにはあまり見ない字が。

 

・・・。

 

・・・え。

 

えっ!?

「胡麻バナナ」!?

 

直ぐにでも入ってオーダーしてみたかったのですが、残念ながらこの日は定休日でお休みだったようで。

もう気になり過ぎて、帰ってから調べましたよ。

そうしたら、皆さんも考えることは一緒なんですね。

わざわざ来訪してオーダーされている方多数。

その方々がありがたいことにブログに写真をアップして下さっていました。

流石にここにはあげませんが、なかなか攻めているお蕎麦屋さんの印象を受けました。

その他にも「カレーライスそば」などもあるそうで。

これは、絶対行かねばならないと決意をした次第でございます。

 

通りには「甘酒横丁」ののぼりがたくさんありました。

そんなにグイグイ推されると、甘酒が飲みたくなるではありませんかっ!

・・・ということで甘酒を購入できるところを探しながらあるくこと5分ぐらい。

とある酒屋さんの前に「甘酒 200円」の立て看板を発見し、無事に購入することができました。

ま、普通に甘酒です。

冷えたものをいただきましたが、私はこれを寒い日にふぅふぅ言いながら飲む熱い甘酒の方がやはり好みです。

友人は「中のつぶつぶが嫌だ」と言っていましたが、それが美味しいのではないですかねー。

伊藤家では、酒粕をいただくと甘酒にするよりも、網の上にのせて火で炙って食べることの方が多かったですね。

特に母がこの食べ方が好きだったので、私も一緒になって食べておりました。

 

酒屋さんには

こんな可愛い七福神が飾られていまして、何だかホッコリしました。

 

10分ちょっとのお散歩でしたが、もう少しゆっくり見たいところがたくさんあったので、「cafe ami」に行った時にまた寄りたいと思います。

 

伊藤

 

スマートカイロプラクティック