美味しい韓国料理で忘年会!

In by user

こんにちは、スマートカイロの伊藤デス。

 

本日も最低気温が酷いことになっていますね。

そろそろ、コタツのスイッチを入れる時が来たみたいですねぇ。

 

先日、以前通っていた韓国語教室の方々と忘年会を行いました。

新大久保に久しぶりに行きましたが、B〇Sの人気でまた韓流人気が戻ってきたのか、平日にもかかわらず人が多かったー。

コロナのため先生&クラスの方々とお会いするのは約2年半ぶり。

皆さんお変わりなく、なんだか安心してしまいました。

 

今回のお店は、先生がおススメしてくださったお店。

何でも海鮮ものが美味しいお店とのこと。

韓国流にお刺身もいただけるということで、ちょっと楽しみにしていました。

 

いざお店に到着すると、ちょっとした行列ができていました。

新大久保にも人が戻ってきているなー、と思うと同時に、お店の人気にもビックリ( ゚Д゚)。

さらにテンションが上がるってものですよ。

 

で、初めにサラダが出てきまして、まあ、これはコースの定番ですよね。

そこからの料理ラッシュが始まるとは、誰も予想しておらず。

サラダの次はこちら。

右から、ヤンニョムケジャン、カンジャンケジャン、カンジャンセウです。

カンジャンケジャンとは、渡り蟹の醤油漬けです。

ヤンニョムケジャンとは、カンジャンケジャンをコチュジャン(辛いソース)で漬けたもの。

「ケジャン」はカニ、「セウ」はエビなので、カンジャンセウはエビの醤油漬けってことになりますね。

(ちなみに「カンジャン」は醤油です。)

 

次。

海鮮チヂミです。

玉子でふわっとしていて、一人で一枚食べれそうな美味しさでしたよ。

ケランチムです。

韓国風茶碗蒸し、ですかね。

出汁のきいた玉子焼きといった感じで、こちらもふわっと感がたまりませんでしたよ。

で、次。 チーズタッカルビです。

これは説明必要かな? 日本でも流行りましたよね。

「タッ」は鶏。 鶏肉と野菜の炒め物です。

その周りを2種類のチーズでガッチリ囲んでいて、このチーズが溶けたところとタッカルビを併せていただきます。

コチュジャンとチーズって何でこんなに合うのでしょうかー?

ポッサムです。

茹で豚です。

こちらを薬味(キムチとか)と一緒に葉っぱとか大根の漬物でくるんでいただきます。

脂がくどくないので、ポイポイいけちゃいます。

そして、お刺身!

どうですか、この船盛。 

久しぶりにこんなに大きな船盛を見ましたよ。

韓国はマグロはあまり食べないみたいです。(全くではない。)

白身魚が好まれるそうで、その他にサーモンとかタコとかですかね。

こちらも韓国風に頂くのですが、醤油・ポン酢・コチュジャンなどお好みのタレに付けて、薬味(ニンニクとか青唐辛子とか)と一緒に葉っぱでくるんでいただきます。

お醤油は、うん、分かる。

でもコチュジャンにつけてお刺身を食べてみるのは初体験。

美味しかったですが、私はやっぱりお醤油派ですかねー。

コチュジャンは、どちらかというと「肉」のイメージがあるのでねー。

しかもニンニクと一緒に食べるお刺身って、何か新鮮な感覚でした。

最後にデザート。 抹茶ってところが、なんかおかしかったです。

しかもこのコース、デザートかお鍋か選べるんです。

でも今までの写真を見たらお分かりいただけると思うのですが。

「いやー、もうねー、お腹いっぱいだからっ!」

なんですよ。

皆、デザート一択でしたね。

 

美味しいお料理と、楽しいおしゃべり。

あー、また皆で韓国旅行に行きたいねー、と全員口々に言ってましたね。

いつ海外に行ける事やら・・・。

先生にもみんなにもお会いできて、嬉しかったです。
本当に幸せな時間を過ごさせていただきました。

何か、この言いようのない満たされ感。 たまらんデス!

 

伊藤

 

スマートカイロプラクティック