妊娠中の股関節痛

妊娠中に起こる股関節痛は、主に骨盤の歪みやホルモンバランスによる靭帯の弛緩、胎児の成長による重心の変化などの影響によって起こります。骨盤や股関節周囲の筋力低下があると靭帯が弛緩した時にお腹を支えきれず、鼡径部の圧迫が強くなって股関節に痛みが生じます。

妊娠中の股関節痛の特徴

妊娠の後期、お腹が大きくなるときに発症しやすいです。出産を終えれば安定することが多いですが、お腹が大きくなるにつれ痛みは悪化するため、歩けないほど痛みが強くなることもあります。

妊娠中の股関節痛の原因

骨盤が広がることによる股関節の歪み、靭帯が緩むことによる不安定性、体重の増加などにより股関節周囲の筋肉や関節軟骨への負担が増大し痛みが生じます。妊娠前からの骨盤の歪みが引き金となり、発症する場合もあります。

妊娠中の股関節痛に対するカイロプラクティックケア

股関節へ操作を加え可動性を改善させ、周りの筋肉へも緩和操作を加えます。施術は腹部への負担を考慮し、優しく行います。必要に応じて股関節への負担が軽減するよう腰や骨盤へアプローチを加え、妊娠の時期によっても施術の内容を変化させます。

産前・産後の症状例