産後の腰痛

出産直後は、靭帯の支持性が弱くなっています。そのような状態で赤ちゃん中心の生活になり、中腰や低い位置での動きが増え、腰を痛めてしまうことがあります。また、出産前の骨盤の歪みが解消されていないため、産後の腰痛につながる場合もあります。

産後の腰痛の特徴

産後の育児の過労と共に発症しやすくなります。授乳などで座っているとき、座ってから立ったとき、悪化すると安静時にも痛みます。十分な休息を取れば回復することもありますが、育児に追われ慢性化するケースが多いです。レントゲンなどの画像診断で異常は見られず、経過観察を余儀なくされる方が多いのも特徴です。

産後の腰痛の原因

産後、無理をすることにより骨盤の安定性が損なわれ発症します。出産直後から開いていた骨盤の関節は徐々に閉じますが、場合によって歪んだ状態で閉じてしまうことがあります。その結果、骨盤から腰椎の機能は崩れ、関節や筋肉を傷めることにつながります。このような歪は、例えストレッチや体操をしても回復しにくく、カイロプラクティックのケアが必要になります。

産後の腰痛に対するカイロプラクティックケア

歪んでいる腰椎骨盤の関節に対し矯正を加え、周囲筋群へのケアも行います。また、必要に応じ股関節や背部へのアプローチを施し、周りからも骨盤を安定させるバランスを作ります。産前の腰痛に比べると、積極的なアプローチが行えるため、比較的スムーズに改善するケースが多いです。