妊娠中の腰痛

妊娠中は胎児の成長に伴い重心が変化しバランスをとる為、腰部の前弯が強くなります。更に腹筋は徐々に引き伸ばされ、支持性が損なわれていきます。妊娠後期は靭帯も緩くなり、不安定性が高まるので腰部の筋肉にかかる負担が増加し、腰痛へつながります。出産と共に回復する場合もありますが、産後も継続するケースが多いようです。

妊娠中の腰痛の特徴

妊娠中の腰痛は、妊娠中期から後期にかけて好発し症状が強くなる傾向にあります。負担のかかり方によって症状の場所が変わるのを特徴とし、腰の真ん中が痛い場合は長時間立っていたり、同じ姿勢を続けていると悪化しやすいです。またお尻が痛い場合は仙腸関節由来の問題が多く、片足に加重したときや椅子に座ることで症状は悪化し、横になると痛みが軽減します。

妊娠中の腰痛の原因

胎児の成長に伴い、お腹が大きくなり腰椎の前弯が強くなることが主な原因です。その結果、腰仙部にかかる負担と体重の増加により、関節や椎間板にかかるストレスも大きくなります。また妊娠後期にはホルモンの分泌が活発になるため、骨盤周辺を中心に靭帯が徐々に緩くなります。そのため、骨盤の不安定性が高まり筋肉や関節にかかるストレスが大きくなるため、骨盤に歪みがあるとストレスが局所に集中し痛みを引き起こします。

妊娠中の腰痛に対するカイロプラクティックケア

妊娠中でも妊娠前と同じようにカイロプラクティックの施術を受けることが可能です。しかし、妊娠によって身体に起こる様々な変化を考慮して施術を行わなければいけません。スマートカイロプラクティックでは、妊娠の前期から後期まで、どの段階でも対応できる専用のベットがありますので、安心して施術を受けていただけます。施術は骨盤、脊柱の調整、筋肉の状態を適切な方法で整えていきます。痛みを起こす原因となっている部位を特定し、身体にかかる負担が最小限に抑えられるように配慮してアプローチを進めていきます。妊娠前から歪みの無い身体に整えておくことで妊娠中の腰痛の予防にもつながります。