メディア情報フジテレビ「東京ラッシュアワー」に尾口院長が出演しました!!!

スマートカイロプラクティックで日常を美しく。

スマートカイロプラクティックは、銀座エリア最大規模、国際基準のカイロプラクティック専門院です。一人ひとりのお身体の状態に合わせた、オーダーメイドの施術をご提供します。スマートカイロプラクティックの母体となるトリニティグループは、2004年の開院以来、延べ10万人の来院実績を誇ります。年間リピート率は80%を超え、多くのお客様に支持されています。

カイロプラクティック

手技を中心とした自然療法。肩こり・腰痛だけではなく、ヘルニア・狭窄症・妊娠中のトラブルなど幅広い症状に対応致します。

体感型痩身「するり」

安全で効果の高いカイロプラクティックの手技から生まれた、新しい痩身メソッドです。骨盤・レッグラインを細く美しく致します。

初めての方へ

落ち着いた空間設備でお客様をお迎え致します。男女ともに幅広い年齢層の方がご来院されておりますのでお気軽にご予約ください。

来院者の声

実際に来院されましたお客様のご意見をご紹介しております。同じ悩みをお持ちの方の声を、是非ご参考にして頂ければと思います。

こんな症状の方が来院されます

肩こり・首の痛み 肩の痛み 背中の痛み・側弯症 膝の痛み 産前産後の諸症状
頭痛 腕の痛みと痺れ 腰痛 下肢の痛みと痺れ 女性特有の症状
顎の痛み・顎関節症 肘の痛みと痺れ お尻・股関節の痛み 足の痛み
手の痛み

カイロプラクティックと整体とマッサージの違い

一般的に「体を整える」という意味では、カイロプラクティックと整体を同じものの様にイメージする方が多くみられますが、実際には大きな違いがあります。カイロプラクティックは、WHOでも認められ代替医療として世界では認知されています。先進国34の国と地域で法制化されており、世界90カ国が加盟する世界カイロプラクティック連合(WFC)という国際組織が存在します。国内にも日本カイロプラクターズ協会という団体が日本代表団体として加盟しています。(残念ながら日本では法制化は未だされておりません。)

国内にある代替医療のうち、カイロプラクティックと鍼灸のみがWHOに認定されています。WHOが定めている教育ガイドライン(=国際基準の学位)は非常に厳しく、カリキュラムは4200時間以上と定められており、その中で基礎医学やカイロプラクティック学を学ばなければなりません。
法制化されていない日本では、3万人といわれるカイロプラクティック施術者の3%程度の人しか国際基準の教育を修了していないのが現実です。
本物のカイロプラクティックを行える施術者は、国内にわずかに850人程度しかおりません。カイロプラクティックの施術は問診・検査を重要視します。解剖学・病理学・生理学・生体力学・運動学などの基礎医学とカイロプラクティック学を元に、個人個人に合わせて施術を構築していきます。高いレベルの教育を受けているからこそ一人一人に合わせた施術が可能になるのです。

一方、整体ですがカイロプラクティックと同じく国内で法制化はされておりません。中国整体などを耳にしたことがあるかもしれませんが日本国内の整体とは異なるもののようです。整体自体は、日本で独自に発展した療法の一つで様々な流派があり統一された教育基準はありません。当然、国内で発展したものなので海外に法制化された国はありませんし、国際的な組織も存在していません。整体は、古武道に伝わる手技療法に、伝統中国医学の手技療法や、欧米のオステオパシーやカイロプラクティックの手技療法を組み合わせた整体術の総称を指します。

では、マッサージとは何が違うのでしょうか?日本では、カイロプラクティックや整体は現段階では民間資格ですが、マッサージは「あんま・マッサージ・指圧師」という国家資格です。しかし、問診や検査が無い事から根本的な症状の改善は見込みにくい様です。筋肉を緩めたり、血行を改善させてくれるので、施術は非常に心地よく慰安としても人気があります。重度な症状をお持ちの方が施術を受ける事は少ないようです。

ここでは、国際基準のカイロプラクティックが一番良いと言う事をお伝えしたいのではありません。これまでに、数万人という患者様を施術してきましたが、患者様側からすると、「症状が改善されるか?」「一時的ではなく根本的に改善するのか?」が重要で、業種や肩書きでは無いという意見も多く頂いております。しかし、「問診・検査・説明を充分に行ってくれる先生には、安心して体を任せられる」という部分では、知識の豊富な先生がありがたいとの事です。自分の目的にあった場所を探す事が大切です。国際基準だから必ず治せるとは限りません。国際基準ではないカイロプラクティックの先生や整体の先生でも素晴らしい成果をあげられている先生はいらっしゃいます。これを読まれた方が、自分に合った治療院・施術院を探す上で少しでもお力になれれば幸いです。

Page Top